第30回 JSC賞

『くじらびと』 石川梵

 インドネシア・ラマレラ村で、伝統の捕鯨を400年間続けながら暮らす人々を捉えたドキュメンタリー。インドネシアの小さな島にある人口1500人のラマレラ村。住民たちは互いの和を何よりも大切にし、自然の恵みに感謝の祈りを捧げ、言い伝えを守りながら生きている。その中で、「ラマファ」と呼ばれるクジラの銛打ち漁師たちは最も尊敬される存在だ。彼らは手造りの小さな舟と銛1本で、命を懸けて巨大なマッコウクジラに挑む。2018年、ラマファのひとりであるベンジャミンが捕鯨中に命を落とした。人々が深い悲しみに暮れる中、舟造りの名人である父イグナシウスは家族の結束の象徴として、伝統の舟を作り直すことを決意。1年後、彼らの舟はまだ見ぬクジラを目指して大海へと漕ぎ出す。ライフワークとして30年間ラマレラ村の人々を追い続けてきた写真家・映像作家の石川梵監督が、2017年から19年までに撮影した映像を基に制作。自然とともに生きるラマレラ村の人々の日常を、繊細かつ臨場感あふれる映像で描き出す。

 優れた撮影技術とともに、テーマと作品の狙いに貢献していることが評価された。

映画『くじらびと』

113分/ヴィスタ/2021年9月3日 劇場公開

配給/アンプラグド 制作Bonfilm

監督・撮影/石川梵  第2撮影山本直洋 編集/熱海鋼一  音響/帆刈幸雄youtube予告url https://youtu.be/2D0SU16id2Q

 石川梵

( いしかわぼん)

石川梵Pro.jpg
写真家として30年間に渡り、世界7大陸で戦場から生存捕鯨まで大地と祈りをテーマに撮影。
その経験を生かし、2015年からドキュメンタリー映画監督、撮影監督として世界をフィールドに映画制作活動を行う。
 
作品歴
ネパール大地震をテーマにしたドキュメンタリー映画「世界でいちばん美しい村」(2017) 
 
監督、撮影
インドネシアの生存捕鯨を描いた「くじらびと」(2021) 監督、撮影。
(グアム国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞受賞、CFK国際映画祭ベストドローン映画賞他受賞多数)
テレビでは、共同演出、海上撮影で参加した関西テレビ「巨鯨に挑む」は97年のATPドキュメンタリー賞を受賞。
写真家としては、写真集「海人」で日本写真家協会新人賞、講談社出版文化賞。「The Days After 東日本大震災の記憶」で日本写真協会作家賞。
 他にも「伊勢神宮、遷宮とその秘儀」など著書多数。

日本映画撮影監督協会  JSC賞委員会  2021年12月吉日

映像作品(劇場用劇映画以外)において優れた撮影技術を示した撮影者を表彰する